プロミスの審査に落ちる理由と落ちた後にやった方が良いこと

プロミスでお金を借りようとしたけど審査が通らず落ちてしまった場合、早急に原因を見つけ、対策する必要があります。なぜなら、プロミスほど大手の消費者金融の審査が通らなかったら、他の同じような消費者金融の審査も落ちる可能性が極めて高くなるからです。そうなると、急な出費などで困ることになり、八方塞がりになってしまいます。早めに原因を見つけ対策することにより、他の消費者金融からは借りられる可能性が高くなるので、まずは考えられる原因と対策を見ていきましょう。
まずは、現状の仕事の内容や収入、その仕事の将来性などはどうなのかを客観的に見つめ直します。特に個人事業主などは、一般の企業に勤めている人よりも審査に落ちる可能性が高くなります。次に、借入金額は妥当かを確認しましょう。消費者金融から借り入れることが出来る限度額は通常500万円ですが、企業の経営者でない限り、限度額ギリギリの金額は借りることはできません。なぜなら、自分の年収の3分の1を超える金額は借りることが出来ないと、法律で定められているからです。これを知らず借り入れの金額を高めに設定して、審査に落ちる人も多いです。また、この3分の1ルールは、プロミス以外の金融機関からの借り入れ金額も含めるので、それも知っておく必要があります。また、他の金融機関からもお金を借りていて、その返済が遅れている場合にも審査が通らない可能性が高くなります。そのため、プロミス一社から借りるなど、出来るだけ一社のみから借入を行うことが望ましいです。
プロミス口コミでこれらの原因を調べ、それぞれ対策することで、次からの審査に通りやすくなるでしょう。